トップ鍼灸用語辞典目次 > 三陰交(さんいんこう)

鍼灸用語辞典


三陰交(さんいんこう)

[ 症状・効果 ]
消化器、肝臓、腎臓などの働きを助けると共に女性
特有の症状には欠かせないツボです。

ツボのとり方
内くるぶしのいちばん高いところに小指をおき、
指幅4本そろえて、人さし指があたっているところが
三陰交です。